妹尾昌俊アイデアノート

妹尾昌俊アイデアノート~ステキな学校、地域、そして人たち

元気な学校づくりと地域づくりのヒントをお届けします!

トマトでぐつぐつのポイント

おとといトマトベースのシーフードカレーつくりました。

妹尾昌俊 アイデアノート

トマト缶(オーガニックのでもスーパーで探すと100~200円)

はすごく使い勝手がよいです。

トマト缶を入れて、水は少し入れて、あとはぐつぐつやるだけ。

5~10分くらいはそのまま煮てしまったほうが

味が濃くなります。

うすくするなら、似た後で水を入れたほうが

うまみが凝縮したままとなるそうです

NHKの番組でたしかそう言ってた)。

今回のカレーではそうしたトマトを煮ている間に

野菜(今回はにんじん、さつまいも)を切っておき、

トマト煮に投入。

そのまま蓋をして野菜がやわらくなるまで待ちます。

さつまいも(徳島出身なので鳴門金時)は

甘味アップします。

その間で今回はスーパーで半額だった

エビとサーモンを用意して、

フライパンでバターと炒めます。

エビは火が通り過ぎるとかたくなるんで注意して。

炒めた具をトマト煮に入れた後、

火を止めてカレー粉を入れておけばほぼ完成です。

うちは子どもも多いので、その後豆乳を入れて

マイルドにした後、あたためていただきました。

この手順で、カレー粉を入れなければ

パスタの具になるし、

食パンにぬって焼けばピザになります。

広告を非表示にする